シルバー人材センターとは

シルバー人材センターは公共的・公益的な団体です

 シルバー人材センターは「高年齢者の雇用の安定等に関する法律」に基づき、全国に設立されている公共的・公益的な非営利団体です。
 定年を迎えた方、家業を子どもに譲られた方、そして健康で家に閉じこもるにはまだ早いと考えておられる高齢者の方々が、豊かな経験・能力を活用し、就業を通じて地域社会への参加と貢献を図ります。

地域の高齢者で組織された自主的な団体です

 シルバー人材センターは、趣旨に賛同した下野市に居住する60歳以上の健康で働く意欲のある方々が集まって自主的に運営する団体です。
 シルバー人材センターの運営にあたって一番大切なことは、会員の自主性や自発性が尊重されることです。つまり、組織運営や事業運営は会員自らの創意と工夫によって行う事です。
 会員はセンターを構成する組織の一員です。運営の責任は、一人ひとりの会員自らが負うのだという自覚が必要です。

シルバー人材センターの基本理念

「自主・自立、共働・共助」がシルバー人材センターの基本理念であり、私たちが目指す理想です。
 自主・自立:自ら運営に参加し、自分たちの力で育てる。
 共働・共助:互いに協力し仕事を分かち合い、助け合いながら働く。

センター概要

名   称公益社団法人 下野市シルバー人材センター
所 在 地〒329-0431 栃木県下野市薬師寺1949番地
     TEL 0285-47-1124
     FAX 0285-47-3270
設立年月日平成2年6月16日(法人認可 平成2年6月28日)
会 員 数406名(男性269名 女性137名 ※平成31年3月末現在)
理 事 長五月女 洪
役員 構成理事13名 監事3名
事務局体制事務局長、他 6名
会   費年会費 2,000円

アクセスマップ

下野市下水道庁舎は新庁舎に移動しました。現在は、公益社団法人下野市シルバー人材センターです。